それはまさに青天の霹靂でした。
決して収入が良かったわけではない夫が、会社経営が思わしくないせいか、左遷されることになりました。
当然のように給料カットになり、我が家の家計はどうなってしまうのか?路頭に迷うようになりました。
現在パートはやっているのですが、その収入だけではどうしようもありません。
困ってしまった私に、秘策を与えてくれたのが高校時代の友人でした。
それは、デートだけのパトロン募集です。

 

 あまりにも突然のことでしたから、ただ驚くばかりでした。
不景気な世の中のせいか、夫の会社も何かと大変なのは知っていました。
でも突然だったのです。
夫が左遷されてしまい、現在暮らしている住まいから離れた場所の勤務になりました。
これだけならまだ救いもあったのですが、やはり給料カットがついてきました。
こうなると、生活をしていけるかどうかが怪しくなってしまったのです。
パートはしているものの、その収入だけで何とか補えるかどうかなんてわかりません。
別の仕事も考えなければと、途方に暮れてしまいました。

 

 高校時代の友人の奢りで、ランチをすることになりました。
そこで、パトロン募集に成功した話を聞かされました。
彼女の作ったパトロンと言うのは、デートするだけの関係だと言ってきました。
それを聞かされた時は驚いたのと同時に、あまり多くのお金はもらってないのでは?と思いました。
ところが彼女、パトロンから月に10万円近くもお金をもらっていると言い出したのです。
複数のパトロン募集に成功したから、生活がリッチになったと自慢してきました。
デートと言っても、そのほとんどがお食事デートのようです。
美味しい料理を食べさせてもらうことが、収入になってしまうと言うのです。
興味を持たないわけがありません。
支援してくれる男性と知り合えたら、このピンチから脱出することが可能でしょう。
優しい男性と知り合って、援助してもらいたい気持ちを強めるばかりになっていきました。
友人に、パトロン募集のやり方を教わってみることにしました。

 

 高校時代の友人も、不景気だから収入が少なくて困っていた女性です。
突然食事の誘いが来て、しかも食事代をすべて支払うと言い出してびっくりしました。
その理由が、援助してくれる男性を見つけたからなんだそうです。
愛人関係や割り切りとは違い、デートをするだけなのにお金がもらえてしまうという関係だったようです。
しかもその関係で、10万円ぐらいの月の収入になっていると言うのだから驚きます。
夫の左遷で、家計が大ピンチの私は出会いの方法を知りたくなりました。

 

 パトロンを探すとき、やらないほうがいいのがSNSや完全無料掲示板の利用なんだと言われました。
どちらとも無料で気軽に使えるから、大きなメリットがあるのでは?と思いました。
ところが、これが素人考えのようでした。
匿名性が高く完全無料だと、悪意を働く人たちがたくさんいると言うことでした。
冷やかしや誹謗中傷、また詐欺行為を働こうとするような人までいると教えられました。
ネットの顔の見えない世界だから、とにかく安全性が大切なのだと力説されました。

 

 安全性が高いネットの場所として、優良出会い系サイトがあると言われました。
しっかりと管理されていて、健全に出会いの場を提供しているそうなのです。
そこでパトロン募集をすることが、一番の出会いの近道にもなると言われました。
健全な運営をしている出会い系サイトは、ネット上にはほんの僅かしかないということも教えられました。
その僅かの出会い系を利用することで、パトロンと知り合えるチャンスが生まれるそうです。
家計が厳しくなってしまったため、支援は必要です。
食事だけの関係ですから、浮気にはなりません。
友達感覚でデートができるために、とても良い関係に思えて仕方がありませんでした。
Jメール、ハッピーメール、シュガーダディを友人から推薦されました。
複数の出会い系サイトを同時に利用し、パトロン募集を継続すればチャンスは生まれると断言してくれました。

 

 

名前:由美子
性別:女性
年齢:51歳
 50代のアラフィフ主婦です。
夫の左遷から給料カットで、家計がピンチになりました。
パートに出てはいるのですが、それだけでは収入が足りません。
別の収入方法を考えていたときのことでした。
高校時代の友人から、デートするだけのパトロン募集を教えられました。